βグルカンの効果と効能

がんに効く、がんを抑える、がんが治ったβグルカン健康食品の作用とは!?
RECOMMEND
ARCHIVES
SPONSORS
LINKS
βグルカン健康食品の選び方
βグルカンを成分として含んでいるβグルカン健康食品は、市場にあふれています。薬局はもとより、ネット検索すると数十万件がヒットして、混乱してしまいます。

βグルカン健康食品を試してみたいが、製品の種類が多過ぎて本当に良い商品が選べない」
「どの商品も自社のものが最高最良と言っているが、選択が難しい」
「専門家と証するアドバイザーや薬剤師、時には医師が別々の観点から違う製品を薦めている」

といったご意見です。

βグルカンは優れた成分なので、質の良いものを、なるべく量を沢山摂った方が良いのには間違いありません。しかし、数多く流通するβグルカン健康食品は一様に、どの会社やどの製品もβグルカンが豊富に沢山入っていると宣伝しているので、消費者、患者側としてはますます混乱するばかりです。

ここでは、数多くあるβグルカン健康食品から、どのようにして本当に良いβグルカン健康食品を選ぶのか、比較するべきポイントを整理しました。


【 成分(βグルカンの量) 】
βグルカンの量を比べましょう。
多い方が良いβグルカン健康食品ですが、悪質な表示をする商品もあります。最近増えてきている注意するべき表現は、「4粒あたり」のβグルカン量を大きく表示したり、「1日分の摂取量」を大目に設定したりすることで沢山のβグルカンが摂取できるとするような表現です。
βグルカン健康食品には粗悪品も多いため、βグルカンが少ない製品を買ってしまうと効果が薄い、もしく作用が無いことすら危惧されます。その場合にも費用はかなりな金額が請求されることはよくあることです。値段が高いばかりで、内容が薄い商品が氾濫している前提で比べねばならないことが、最も大きな問題です。

正確に公平にβグルカンの量を比べるなら、1g中の、もしくは100mg(0.1g)あたりのβグルカンの量を比較することです。また、「含有率」という表記をする製品も増えてきていますが、高純度品でもβグルカンは85%前後が現在の最高水準のβグルカン純度です。これを90%以上、酷い場合には95%〜99%と製品に含まれる水分やこの物質を無視した悪質な誇大表記によってありえない高純度品質を表示しているβグルカン製品も増えてきていますので、注意が必要です。
βグルカンは多い方が良いのですが、不自然に多すぎる純度(90%以上)は疑わしい商品と気をつけるべきでしょう。


【 βグルカンの価格 】
βグルカン健康食品は、総じて販売価格が高額です。しかし、予防的な摂取の場合も、がんや疾患の治療に摂取する場合も、いずれの場合にも継続して購入し、摂取することが肝要です。これはすなわち一様に高額なβグルカン健康食品を何度も購入するわけですから、結果的には非常に大きな金額の出費となります。悪質な販売店の勧誘にかかると一ヶ月に50万円以上の出費を強いられるようですが、常識では考えられない金額です。
良心的な、もしくは通常の品質の商品であれば、月額費用にしても上限5万円程度が妥当な範疇であり、どんなに大量に摂取しても月額10万円を超えるような費用のかかる製品および販売店は疑ってかかるべきでしょう。


【 原料の違うβグルカン 】
βグルカン健康食品を分類するのに最もよく使われるのは、原料による分類です。最も多く目にするのは、キノコを原料としたβグルカン健康食品です。使用されるキノコ原料は、過去のブームで有名なアガリクスを筆頭に、メシマコブ、ハナビラタケ、チャーガ、ハタケシメジ、レイシなどです。総じて値段が高い割にはβグルカンの量は少ないのですが、誇大広告を大々的に展開する傾向が強いことから、見たり聞いたりする機会が最も多いβグルカン健康食品のグループです。
また、最近注目を集めはじめているのは、細菌である「酵母」を原料としたβグルカン健康食品です。酵母を原料としたβグルカン健康食品は、欧米ではパン酵母、いわゆるイースト菌から抽出したβグルカンがこの10年間に飛躍的に普及しているそうです。日本では黒酵母と呼ばれる菌からβグルカンが生成される現象を利用したβグルカン健康食品が開発されたことで、「黒酵母エキス」や「黒酵母βグルカン」として一部のメディアにも取り上げられています。
βグルカンの量と質の観点からすると、欧米で普及が広がるパン酵母から抽出されたβグルカンが40〜85%の高純度品が多いために評価できます。問題は、日本国内での販売価格が高過ぎることでしょう。
また、日本製の「黒酵母エキス」は精製工程が無いために、βグルカンが製品中に1%前後のみです。今後の高純度品の製品開発が待たれます。


【 販売店 】
患者の足元を見て、高額の商品を大量に売り付けようとする販売店は絶対に避けるべきです。この類の販売店に共通するのは、「価格の高い方が、効果も高い」と説明することです。健康食品全般に言えることは、価格の高さは効果の高さは比例しない、むしろ反比例することすら多くあることは念頭に置くべきでしょう。

なお、口に入れるもの、何よりも治療に使う命に関わるものなので、安かろう 悪いかろうでは困ります。βグルカンに関する知見はもとより、原料や製造に関する事項もきちんと押さえて公表、表記しているような製品、販売店が理想でしょう。

ところで、白衣の薬剤師(もしくは薬剤師もどきの人物)は医師の処方命令に従うための薬品成分に関する学位を修めていても、健康食品に関する知識までも網羅しているわけではない点にも留意も必要です。衣装で商品価格が高くなるようでは、困ってしまいますね。しっかりとした知識と経験を伴って販売している販売店やメーカーを見極めることも重要な治療の一部と考えるべきでしょう。


悪質な販売店の例としては、βグルカンが90%以上入っていると宣伝する場合があります。製品中のβグルカンの量は多い方が良いのですが、95%や99%がβグルカンと宣伝しているのは全て誇大広告です、よく内容を吟味すれば判読できます。単純には、存在と内容が疑わしい90%以上のβグルカンを販売するような悪質な販売店・商品には手を出さないことです。


βグルカン健康食品によって免疫システムを活性化するためには、一定量以上のβグルカン量が含まれているとこが必須ですが、それ以上にβグルカンの中身がβ(1,3)グルカンであることも重要です。臨床効果にはβ(1,3)グルカンが最も重要であることが判明しているため、β(1,4)グルカンが大部分を占めているキノコ原料のβグルカン健康食品の選択は避けるのが賢明だと言えます。

2012年の現在では質の良いβグルカン健康食品の最有力候補は、パン酵母を原料とするβグルカン健康食品だと言えるでしょう。パン酵母=イースト菌は既に培養技術が成熟している技術でもあり、古くから食用としてきた菌であることも安心です。このパン酵母からβグルカンを作ると安く大量に純度の高いβグルカンが得られるのは、まさに近代工業技術の賜物とも言えます。このパン酵母原料のβグルカン健康食品はβグルカンは純度が高くなった副産物として、キノコ原料のβグルカンで度々に問題となった副作用の心配が無くなったことは朗報です。キノコ原料に特徴であるβグルカン以外の不純物は、土壌汚染や農薬の危険を常に保持していたために、副作用の元凶となっていました。しかし、パン酵母からβグルカンを精製する工程では、繰り返しの精製工程によって、不純物は極限にまで排除されるために、製品には殆ど残らないそうです。したがって、パン酵母から精製抽出したβグルカン健康食品は不純物による副作用の心配も無いと言えます。

また、最大の関心事は、パン酵母原料のβグルカン健康食品にはβ(1,3)グルカンが高濃度で含まれていることです。今や世界の研究者の目線の先には、βグルカンではなくβ(1,3)グルカンに集約されています。世界の医療文献はMEDLINEで検索できますが、パン酵母(Baker’s Yeast)で検索することで、日々β1,3Dグルカンの研究が発表され続け、増え続けていることが確認できるでしょう。

パン酵母のβグルカンは、普及が進んだ欧米各国では1本60〜150ドル前後で販売されており、一般市民も購入が可能な健康食品となっています。欧米のがん治療に際しては、多くの市民がパン酵母のβグルカンサプリメントを利用できているのはこの安い価格のお陰です。日本では、パン酵母抽出のβグルカン健康食品は、導入が始まったばかりでまだまだ高価な商品ですが、欧米並みの流通数と普及率に広がれば、早晩、価格の低下も進むことが期待されます。
| βグルカンという成分 | ↑PAGE TOP

βグルカンの分子構造とは?
βグルカン(ベータグルカン)が属する「多糖類」というのは、ブドウ糖(グルコース)などの糖分子が複数個繋がった巨大分子=高分子を指します。

この高分子を構成する鎖がブドウ糖=グルコースである高分子をグルカンと呼んでいるのです。
実は植物の骨格を構成しているのがグルカンであるため、グルカンは天然の多糖類の中で地球上に最も多量に存在している多糖類なのです。

また、大量に存在するグルカンには、詳細分類が多くあります。グルコースが鎖状に連結すれば、その高分子は全てグルカンなのですが、複雑な形状を有するグルコースは連結の形状が多様であるため、グルコースの連結形状によって最終的なグルカンの形状も異なるのです。グルカンは形状が違うと性質も違うため、それぞれに違う物質として、区別する呼び方があります。βグルカンの最初に「ベータ = β」と付いているのは、グルコースの連結の違いによる形状が区別されているためで、βグルカン以外のグルカンには、前にアルファーを冠した「αグルカン」が存在しています。

炭素原子と酸素原子だけから出来上がったグルコース分子が、連結の形の違いだけで性質までことなるとは、驚きですが、高分子化学ではよくあることでそのために大分類としての呼称が用意されているのです。
さらには、グルカンの中の各グルコース分子の結合位置によって、また詳細分類が規定されています。これは、結合するグルコース分子内の炭素原子の位置によって、α1→4結合とか、β1→6結合などと表記されます。

αグルカンの代表はデンプン(でんぷん粉、starch)でしょう。このαグルカンの分子結合はα(1→4)結合で構成されているため、正確にはα1,4Dグルカンと呼ぶこともできます。また、人間の体内で糖を貯蔵する際にはグリコーゲンが合成されますが、これも同様の構造をしたα-グルカンです。
他 には、デキストランがα(1→6)結合のα-グルカン、口腔内連鎖球菌が作り出す不溶性グルカンはα(1→3)結合α-グルカン=α1,3Dグルカンです。あまり知られていないも のとしては、α(1→3)と(1→4)交互結合の「ニグラン」、α(1→3)とα(1→6)結合の「プルラン」という物質などがあります。

もう一方のβグルカンの代表はβ(1→4)結合でできているβ1,4Dグルカンであり、またの名を「セルロース」といいます。「セルロース」とは生物界で、特に食物の1/3を占める主要な抗生物質として、地球上に最も大量に存在する物質なのです。
つまり、植物としての野菜を食するだけでもβグルカンを食しているのと同義と言えます。
しかし、この植物の骨格を構成している食物繊維βグルカンでは免疫系への作用は期待できないとされています。植物の中のβグルカンは上述のようにβ1,4Dグルカンという詳細分類であり、β1,4Dグルカンには特に機能性が無いためです。

免疫機能の活性化機能性が証明されているβグルカンは、β1,3Dグルカンという詳細分類に属するβグルカンだけです。
| βグルカンという成分 | ↑PAGE TOP

βグルカンの種類で効果の有無
βグルカンが注目を集める一方で、効果の有るβグルカンと効果の無いβグルカンが存在することはあまり多く語られません。これはこの点を説明すると困る、つまり商品価値が下がってしまう健康食品が多いからです。自らの商品に不利となる情報を自ら説明する企業は稀です。

地球上に最も多く存在するグルカンがβグルカンであり、そのβグルカンはセルロース=食物繊維です。このセルロースとは正式な名称をβ(1→4)グルカンまたはβ1,4Dグルカンと呼ばれるβグルカンの一種です。このセルロースを我々人間は日常で非常に多く目にしています。それはセルロースが紙の原料となっている植物繊維そのものだからです。
注意すべきはβグルカンが紙なのではなく、紙の大部分を占める繊維組織がβグルカンの一種であるβ1,4Dグルカンで出来ているのだという事実です。そして、キノコから抽出されるβグルカンの大部分もこのβ1,4Dグルカンで組成されています。では、βグルカンが入っているという「紙」を食べたらば、免疫力が上がり、がんの治療になるのかと問えば、答えは「否」です。紙やキノコに含まれるβ1,4Dグルカンは免疫細胞へ作用することは無く、がん細胞に対しても直接、間接を問わず影響は無いのです。つまり効果の無いβグルカンが存在するのです。
この点は高額の健康食品を購入する際には極めて注意深く観察する必要があります。

また、β-グルカンには上記のセルロース=β(1→4)グルカンの他に、β(1→6)グルカン、β(1→3)グルカンなどがあります。それぞれに海藻やキノコ類から抽出されるため性質が異なるのですが、抗がん(抗腫瘍)効果や免疫力向上効果があるのはどのタイプかというと、β(1→3)グルカンでだけあることが長年の欧米での研究の結果として解ってきました。特にβ(1→6)グルカンについては、その効果について論争がありましたが、現在では効果が無いことが判明しています。

同じようにβグルカンと分類できる成分でも、セルロース=紙を食べたのでは、抗がん作用は元より、免疫活性による健康増進効果も作用も無いのは想像の範疇です。むしろ体調を崩してしまうでしょう。
人間の免疫系システムに対してい大きな影響を及ぼしうるのはβ(1→3)グルカンという種類のβグルカンなのです。このβ(1→3)グルカンに分類されるβ-グルカンをしても、がん細胞へ直接取り付いて作用するわけではなく、免疫細胞であるマクロファージ、T細胞、NK細胞に働きかけ、これらの免疫細胞の活性度を上げることで全体の免疫力を増強するという間接的な作用を発揮することが判っています。

効かないβグルカンが製品の大部分にも関わらず、「βグルカンが豊富!」だとして高額で販売されている健康食品は沢山あります。価格だけでなく、内容を吟味する知識が、βグルカン健康食品の見極めには不可欠です。
 
| βグルカンという成分 | ↑PAGE TOP

βグルカンの効果を知るために
βグルカン(ベータグルカン)」という言葉をテレビや雑誌で目にしたり、聞いたりする機会は増えました。しかし、βグルカンとは正確には何を意味している、どのようなモノなのかを知る人は意外と少ないようです。少しでもβグルカンが入っていれば良しとする風潮もありますが、βグルカンの本質や働きを知り理解していないと、不必要に高額な商品代金を払わされたり、品質の悪いβグルカンを購入させられる羽目になります。これでは治る病気も治らず、お金だけが減ってしまう悲しい事態になりかねません。βグルカンとは何かを理解することは、優れたβグルカンを求めるために必要にして不可欠なプロセス言えるでしょう。

βグルカンは、「ベータグルカン」と読みます。「ベーターグルカン」や「ビーグルカン」と読むのは間違いです。
表記としては、βーグルカンと書く場合や、βDグルカンと記される場合もあります。
ベータグルカンという語感からは、ビタミンやミネラルのように栄養素の一種であるように聞こえますが、正確には、特定の物質群(グルコース化合物)の高分子の名称です。健康食品の分類でみるとベータグルカン=パン酵母抽出物として商品名として扱われていることも多いようです。
ここでは、まず化学物質としてのβグルカンとは、何から作られ、どのような構造を有しているのかを見ていきます。

βグルカンの中の「グルカン」は、「グルコース」という高分子ではから構成されている多糖類です。
グルコースは、最も人間に身近な高分子であり、私たちが「ブドウ糖」と呼んでいる高分子です。
我々人間が毎日食べている砂糖はブドウ糖(グルコース)と果糖(フルクトース)が化合した高分子であり、米飯や芋に含まれるデンプンはブドウ糖(グルコース)が多数の鎖状に繋がった巨大分子です。人間は毎日ブドウ糖を食していると言えます。このブドウ糖の高分子としての呼称が「グルコース」なのです。

グルコースには、自然界で生成されるD−グルコースと、人口的に化学構成されるL−グルコースが存在します。
βグルカンの表記に際して、βDグルカンやβdグルカンと”D”が追記されているのは、自然界に存在する生物由来のD−グルコースから作られたβグルカンであることを意味するものです。
一般に流通しているβグルカン健康食品中のβグルカンは、自然界の生物や植物から抽出したβグルカンなので分子の中のグルコースはD−グルコースです。D−グルコースが連結してできたのがβグルカンなので詳しく表記すると「βDグルカン」となります。通常のグルコースはDグルコースが一般的なのでDを省略して単にβグルカンと表記されるのが通例となっています。
| βグルカンという成分 | ↑PAGE TOP

βグルカンとは?
βグルカン」が医療現場からも注目を集めているのは、治療法の多様化が主な原因です。
がんの発見が遅れて、いわゆる「末期がん」の状態まで進行した場合には、「三大治療法」と呼ばれる手術・抗癌剤化学療法・放射線治療では治癒・延命が期待できない場合にもβグルカンの作用によって、延命や状態の良化が報告されているからです。

旧来の三大治療法だけに頼ったがん治療では、むしろ患者の体力を損ない、苦しい合併症や酷い副作用に苦しむことでQOLを下げるばかりでなく、最悪の場合には死期をも早めてしまう例が多いことが現場の医師をはじめとする医療関係者にも意識され始めたようです。
そのため、先進医療の導入が進んだ欧米では、医師や研究者だけでなく、患者側の中にも別な治療法を模索する考える人が多く、「統合医療」の研究成果が蓄積されています。 西洋医学のエビデンスを尊重しつつ、その偏重への反省は然るべき思考と言えるでしょう。 抗がん剤だけでなくサプリメントによる補助的ながん治療が成果を挙げていることは旧態依然とした医療関係者には苦々しい事実ですが、末期がん患者にとっては隠されたくない貴重な情報です。
健康食品による補助的ながん治療は欧米だけでなく日本にも広がりつつあります。しかし、これは民間企業にとっては大きなビジネスチャンスでもあることから、がん患者を喰い物にするような民間療法や健康食品が氾濫したため、本来あるべき健康食品の評価は実際の効果や効能よりも低いレベルとなっています。薬事法による取締りが厳しくなるにつれ、優れた健康食品ががん治療に利用される機会も増えてゆくと予想されます。

がん治療に用いられる健康食品の中でもβグルカン(ベータグルカン)という成分は、古くから注目されており、臨床的研究の歴史も長く、様々な研究機関で色々な角度からその作用・効能が検証されてきました。 βグルカンの持つ抗ガン作用、感染症に対する改善効果は、プラセボ効果を超えて確かに有効であるという研究結果が世界中の大学や研究機関から発表されています。 結果としてβグルカンを含む健康食品が市場に多く氾濫したことでますます患者の混乱は増した状態なのです。

βグルカンが我が国で最も有名となった事例は「がんに有効」と大々的に広告したことでブームになったアガリクス健康食品でしょう。しかし、不純物に問題があったために健康被害を招き、厚生労働省の処分を受ける顛末となりました。日本でのβグルカン健康食品は、アガリクスやメシマコブに代表されるキノコ類の健康食品が広告も多く代表とされているため、これらのβグルカン健康食品全般に対する効果にまで世間から疑問が向けられたのです。今では、健康食品市場でのアガリクス健康食品のブームは下火となったようですが、まだまだ不純物の多いβグルカン健康食品の流通が盛んなようです。それだけ、βグルカンという成分や健康食品類全体にたいする患者、消費者のニーズは高いものがあるのです。

このようにアガリクスに代表されるキノコから作られるβグルカン健康食品は効果以上に評価を下げる一方で、良質のβグルカンに対する要求は高まる一方のようです。
最大の理由はがんなどで闘っている患者さんには、これらの健康食品が生死を分ける食品とも考えられているからですが、そのために今日では、テレビ、雑誌、チラシ、インターネット上では溢れる程に健康食品情報が流れています。営利が目的の怪しい情報が氾濫する現状では、本物の良質なβグルカンを探すことさえ非常に困難で、不当に値段の高い健康食品の温床となっています。

がん患者の足元を見るような企業/業者は、不当な利益を目的としてマスメディアやインターネット上に健康食品情報を掲載しているものの、不都合な真実は隠匿されているものです。

ここでは客観的な事実だけを、正確に纏めることで、世界中でがん治療への適用が進むβグルカンの本質を見極め、そのβグルカンに関する知識を広めることとします。客観的なデータ、エビデンスに裏打ちされた健康食品やサプリメントなら、がん治療に期待通りの効果が得られる近道です。
 「がんの治療に効果・効能がある」「抗がん剤の副作用を低減する」「免疫力を高める」「アレルギーを改善する」
と言われる多くの食品の中でも研究や処方の歴史が圧倒的に長く、信頼性の高いデータが豊富に蓄積されているβグルカンに着目することで、あなたの健康にきっと役立つ情報となるでしょう。
| βグルカンという成分 | ↑PAGE TOP