βグルカンの効果と効能

がんに効く、がんを抑える、がんが治ったβグルカン健康食品の作用とは!?
RECOMMEND
ARCHIVES
SPONSORS
LINKS
βグルカンとは?
βグルカン」が医療現場からも注目を集めているのは、治療法の多様化が主な原因です。
がんの発見が遅れて、いわゆる「末期がん」の状態まで進行した場合には、「三大治療法」と呼ばれる手術・抗癌剤化学療法・放射線治療では治癒・延命が期待できない場合にもβグルカンの作用によって、延命や状態の良化が報告されているからです。

旧来の三大治療法だけに頼ったがん治療では、むしろ患者の体力を損ない、苦しい合併症や酷い副作用に苦しむことでQOLを下げるばかりでなく、最悪の場合には死期をも早めてしまう例が多いことが現場の医師をはじめとする医療関係者にも意識され始めたようです。
そのため、先進医療の導入が進んだ欧米では、医師や研究者だけでなく、患者側の中にも別な治療法を模索する考える人が多く、「統合医療」の研究成果が蓄積されています。 西洋医学のエビデンスを尊重しつつ、その偏重への反省は然るべき思考と言えるでしょう。 抗がん剤だけでなくサプリメントによる補助的ながん治療が成果を挙げていることは旧態依然とした医療関係者には苦々しい事実ですが、末期がん患者にとっては隠されたくない貴重な情報です。
健康食品による補助的ながん治療は欧米だけでなく日本にも広がりつつあります。しかし、これは民間企業にとっては大きなビジネスチャンスでもあることから、がん患者を喰い物にするような民間療法や健康食品が氾濫したため、本来あるべき健康食品の評価は実際の効果や効能よりも低いレベルとなっています。薬事法による取締りが厳しくなるにつれ、優れた健康食品ががん治療に利用される機会も増えてゆくと予想されます。

がん治療に用いられる健康食品の中でもβグルカン(ベータグルカン)という成分は、古くから注目されており、臨床的研究の歴史も長く、様々な研究機関で色々な角度からその作用・効能が検証されてきました。 βグルカンの持つ抗ガン作用、感染症に対する改善効果は、プラセボ効果を超えて確かに有効であるという研究結果が世界中の大学や研究機関から発表されています。 結果としてβグルカンを含む健康食品が市場に多く氾濫したことでますます患者の混乱は増した状態なのです。

βグルカンが我が国で最も有名となった事例は「がんに有効」と大々的に広告したことでブームになったアガリクス健康食品でしょう。しかし、不純物に問題があったために健康被害を招き、厚生労働省の処分を受ける顛末となりました。日本でのβグルカン健康食品は、アガリクスやメシマコブに代表されるキノコ類の健康食品が広告も多く代表とされているため、これらのβグルカン健康食品全般に対する効果にまで世間から疑問が向けられたのです。今では、健康食品市場でのアガリクス健康食品のブームは下火となったようですが、まだまだ不純物の多いβグルカン健康食品の流通が盛んなようです。それだけ、βグルカンという成分や健康食品類全体にたいする患者、消費者のニーズは高いものがあるのです。

このようにアガリクスに代表されるキノコから作られるβグルカン健康食品は効果以上に評価を下げる一方で、良質のβグルカンに対する要求は高まる一方のようです。
最大の理由はがんなどで闘っている患者さんには、これらの健康食品が生死を分ける食品とも考えられているからですが、そのために今日では、テレビ、雑誌、チラシ、インターネット上では溢れる程に健康食品情報が流れています。営利が目的の怪しい情報が氾濫する現状では、本物の良質なβグルカンを探すことさえ非常に困難で、不当に値段の高い健康食品の温床となっています。

がん患者の足元を見るような企業/業者は、不当な利益を目的としてマスメディアやインターネット上に健康食品情報を掲載しているものの、不都合な真実は隠匿されているものです。

ここでは客観的な事実だけを、正確に纏めることで、世界中でがん治療への適用が進むβグルカンの本質を見極め、そのβグルカンに関する知識を広めることとします。客観的なデータ、エビデンスに裏打ちされた健康食品やサプリメントなら、がん治療に期待通りの効果が得られる近道です。
 「がんの治療に効果・効能がある」「抗がん剤の副作用を低減する」「免疫力を高める」「アレルギーを改善する」
と言われる多くの食品の中でも研究や処方の歴史が圧倒的に長く、信頼性の高いデータが豊富に蓄積されているβグルカンに着目することで、あなたの健康にきっと役立つ情報となるでしょう。
| βグルカンという成分 | ↑PAGE TOP