βグルカンの効果と効能

がんに効く、がんを抑える、がんが治ったβグルカン健康食品の作用とは!?
RECOMMEND
ARCHIVES
SPONSORS
LINKS
βグルカンが腸管免疫を活性化
βグルカンを高分子化学では、β―D-グルカンと表記します。

このβグルカンの中には、連鎖形状によってさらに多様な分類が挙げられます。例を挙げるとβ-(1→3)-D-グルカン、β-(1→6)-D-グルカン、β-(1→4)-D-グルカン、β-(2→3)-D-グルカンなどのβグルカンです。これらの中で唯一機能性があるとされるのが、正確に記するとβ-(1→3)-D-グルカンという種類のβグルカンです。

この種類のβグルカンが、免疫細胞のマクロファージを活性化し、感染症への抵抗力向上や抗がん作用を発揮していくことが解明されていきました。そしてこのβグルカンの効果が発揮されるには、免疫細胞それにはマクロファージの表面のレリセプター(受容体)にβグルカンの分子が直接接触して賦活情報を伝えることが不可欠であると検証され考えられています。

ここでしかし、高分子であるβグルカンの長大な鎖状の分子形状は分子量がは大きく、長大な鎖状の分子です。もっと小さくなければ腸の粘膜上皮細胞の孔を通れないかもしれないとの懸念が生まれます。ず吸収はできません。
他の栄養素が腸で吸収されるのと同様にではβグルカン分子もが小さく消化分解されて吸収される必要があるとの仮説です。
しかし、この仮説は経口投与されたβグルカン健康食品の数々の研究結果から否定されています。つまり多くの実験結果からβグルカンを経口投与しても確かに免疫力の上昇やガンの抑制作用が現れているのです。

まずβグルカンの分子連鎖構造は人間の消化酵素では基本的には分解できない、つまり経口摂取されたβグルカンが分解されることなく高分子のままに腸まで分解されずに届いているという事実です。
のです。同じくβグルカンの一種であるセルロース(紙)の分子構造に近いβグルカンは、腸内で消化・吸収されることはなく、高分子のそのままに排泄されてしまいます。
しかし、β-(1→3)-D-グルカンも体内に吸収されないはずのβグルカンです。が、前回も述べましたが経口投与でも確かに免疫力の上昇やガンの抑制作用が現れます。

吸収されないのに作用が現れるのはなぜでしょう?

それは、β-(1→3)-D-グルカンがβグルカンは腸粘膜を刺激することで全身の免疫力を向上させているからなのです。

グルカン注射抗がん剤クレスチンのβグルカンは、血液から腸の粘膜細胞の中に吸収されて血液に入り、β-(1→3)-D-グルカンが免疫細胞に接触して効果を現します。一方で経口摂取されたβ-(1→3)-D-グルカンは(注射製剤のβグルカンでは血液中で反応するが)、腸粘膜表面に接触することで腸管免疫細胞を活性化し、その影響が全身に及び免疫力向上アップの効果として発揮されていると結論付けられています。

腸管免疫が盛んに研究されるようになったごくのはまだ最近の研究の成果ことです。腸管免疫や免疫システムの研究は最近注目を集めるようになった歴史が浅い研究分野ですが、最先端の分子免疫学的手法が応用されはじめたことで、次々と新しい研究結果による多くの知見と発見が得られるようになりましたています。

「免疫学」に関する注目が集まっている今、人体最大の免疫器官である腸管免疫システムは、医学研究の中で最もホットな注目を集めている研究分野の一つです。βグルカンの免疫器官への作用過程の解明はその最大の成果と言えます。
| βグルカンの免疫向上効果 | ↑PAGE TOP