βグルカンの効果と効能

がんに効く、がんを抑える、がんが治ったβグルカン健康食品の作用とは!?
RECOMMEND
ARCHIVES
SPONSORS
LINKS
βグルカンとM細胞
βグルカンによって刺激されることで活性する免疫システムを担う個々の免疫細胞の動きを追ってみましょう。

小腸粘膜に数十個点在する免疫システムの集合体、パイエル板
このパイエル板では、口から入って小腸に流れついた様々な物質の害益を認識・判定し、その情報を体中の免疫システムに伝達しています。

免疫細胞には様々な種類がありそれぞれ働きが違います。例を挙げると、ヘルパーT細胞は免疫系を「ヘルプ(Help)」する、つまり免疫反応を高めるリンパ球です。M細胞は、粘膜面の反対側、つまりパイエル板側に接する面に大きな窪みを持ち、その中にT細胞 (=Tリンパ球)やB細胞(=Bリンパ球)を囲い込んでいます。M細胞は腸管の内腔の抗原物質を細胞内に取り込み、それを「トランスサイトーシス」という作用で細胞内を輸送し、直下でパイエル板側に存在する抗原提示細胞に受け渡します。

抗原提示細胞(APC: Antigen Presenting Cell)は、M細胞から受け取った抗原をMHCクラス曲子上に載せて「提示」することで、ヘルパーT細胞に伝えられます。このヘルパーT細胞は、どのような抗原が腸にやってきたのかの情報を受け取ります。

抗原提示細胞からヘルパーT細胞に抗原提示される際、同時に「補助刺激」を受けることでヘルパーT細胞が活性化されます。抗原提示細胞との接触で活性化された提示されたヘルパーT細胞は、IL-5(インターロイキン5)を放出し、抗体を産生するB細胞を活性化させます。ここで活性化されるのは、同じくM細胞から抗原情報を受け取ったB細胞です。

これらの一連の細胞間コミュニケーションによって、パイエル板の中のB細胞は抗原に対する抗体(IgA)を盛んに分泌するようになります。

リンパ球が多数集結したパイエル板の天井をカバーしている粘膜上皮は、パイエル板の無い部分の腸粘膜上皮とは構造が異なっています。パイエル板上の粘膜上皮には所々にM細胞と呼ばれる細胞が存在しています。
このM細胞には絨毛上皮細胞とは違って、微絨毛がありません。M細胞は栄養の吸収はせず、抗原の処理だけが任務となっており、感染源の侵入門戸であり異物取り込みを専門としている細胞でもあるのです。

腸管での免疫反応にはM細胞が活躍する点が特徴的ですが、抗原提示から抗体産生に至る過程は、液性免疫の反応としては典型的な免疫反応のプロセスと言えます。
| βグルカンの免疫向上効果 | ↑PAGE TOP