βグルカンの効果と効能

がんに効く、がんを抑える、がんが治ったβグルカン健康食品の作用とは!?
RECOMMEND
ARCHIVES
SPONSORS
LINKS
がん治療前からのβグルカン摂取の効能
βグルカンを摂取することで、
 ・免疫細胞の活性化
 ・がん細胞の増殖抑制・縮小退化

などの効果/作用が、観察されます。これは世界各国の多くの研究者によって確かめられた事実です。
これらの論文や研究報告から、「βグルカンで免疫細胞を活性化すれば、がんが消える・治せる」 と論理が飛躍し、実際の効果以上に期待された時期がありました。残念ながら、βグルカンだけで全てのがんが治癒するわけではないことも事実です。

まず残念な現実としては、βグルカンを代表とするサプリメント・健康食品を、統合医療や代替医療としてがん治療に並行して摂り始めるがん患者は、殆どの場合において病院での手術・抗がん剤・放射線 といった、西洋医学の攻撃的な治療を受けています。これらの治療法は現代のがんの3大治療法と呼ばれるほどに定型的な治療パターンなのですが、治療と同時に体内の免疫システムに対して相当のダメージを与えてしまいます。
そのために免疫力が弱り過ぎており、がん治療のためにとβグルカンを飲み始めても免疫力が正常化するには遅すぎていると考えられます。
また、がん細胞の進行し過ぎたため増殖スピードが加速し、もはやβグルカンによって免疫力を活性化することによるがん細胞の減では追いつかない場合もあります。

患者ががんを宣告されて動揺し、冷静さを失っているうちに医師、病院は通常の3大治療(手術, 抗がん剤, 放射線)の段取りをどんどん進めてしまいます。患者が正気に戻った後に気が付いてみると、術後再発や化学療法で弱り切った体はβグルカンでさえも活性化が困難なほどに免疫力が低下していることでしょう。

βグルカンの摂取開始は、早ければ早い程に効果的なのです。

これらの事態を引き起こさないために、日常から免疫強化を常に意識することでしょう。遅くとも、がんの発病が発覚して際には、その後のがん治療に対して手遅れにならないように、できるだけ早く免疫強化が可能な健康食品の摂取を開始するべきでしょう。その際にはβグルカンは免疫賦活を目的とした最も期待できる成分と言えます。
 
| βグルカンの免疫向上効果 | ↑PAGE TOP