βグルカンの効果と効能

がんに効く、がんを抑える、がんが治ったβグルカン健康食品の作用とは!?
RECOMMEND
ARCHIVES
SPONSORS
LINKS
がん治療中のβグルカン摂取の効能
実はβグルカンには、積極的にガンと闘うための用途だけではなく、進行ガンの延命とQOL(生活の質)向上にも役に立つのです。外科医師による研究報告では、βグルカンを化学療法と併用することによって、末期胃ガン患者さんの延命と腫瘍の抑制に効果があったことを報告されています。

現代のがん治療に欠かせない抗癌剤はがん細胞を障害すると同時に、残念ながら一般に骨髄の細胞すなわち血液細胞(免疫細胞もその中の一部)や、消化管粘膜細胞をも弱めてしまいます。いわゆる抗がん剤の副作用は、これらの免疫細胞の破壊や現象に起因しているのです。
しかし、βグルカンを摂取することで免疫系の細胞が活性化されると、ガン免疫だけではなく、免疫系細胞の抗癌剤に対する抵抗力も高まると報告されています。これは、抗癌剤に攻撃されたためにリンパ球や好中球などの一部が死滅しても、残った免疫細胞がβグルカンで刺激されることでサイトカインを大量に分泌し、仲間の免疫細胞を増殖させ、抗がん剤に抵抗するものと考えられています。

抗がん剤による化学療法の副作用としては、味覚異常や 嘔吐・下痢・食欲不振などが現れます。

抗癌剤そのものが延髄の嘔吐中枢(Chemoreceptor Trigger Zone)を直接刺激する作用機序があります。また、免疫細胞が減少したり腸管粘膜細胞が障害されると、大量の腸管内有害細菌や有害抗原物質が腸管粘膜の免疫バリヤを突破して粘膜下で炎症を起こしてしまうことで、様々な消化器系不快症状として抗がん剤の副作用が出現してきます。

βグルカンは、腸管粘膜での免疫細胞を中心に強く活性化させます。がん細胞を見つけて攻撃する能力も高めます。またその一方では、抗がん剤による化学療法で最も傷めやすい部分をβグルカンがまず強化・保護してくれる機能があるのです。

このため、抗がん剤の化学療法の副作用を抑制し最小限に食い止められます。その結果、抗がん剤の苦痛を和らげることもでき、QOLを高く保持したままに、化学療法を継続することができるのです。

権威ある医療施設や研究機関でもβグルカンの利用が注目されはじめているのです。
βグルカン栄養食品は経口投与でも、腸管免疫で免疫細胞を刺激することで全身の免疫が活性することも判りました。むしろ注射剤でβグルカンを体内投与するよりも免疫細胞が集中する小腸で作用する経口投与の方が効果が高いとする説がある程です。しかし、これらの採用効果もそのβグルカンが非常に品質の良い、つまりβ1,3Dグルカンが沢山入っているβグルカン健康食品でなければ期待した程の効果は得られなのです。
βグルカンによる免疫賦活は誰もが主目的に挙げたい効能ですが、実際のβグルカンの最大の存在意義は、がん治療で化学療法を受ける際の苦痛や副作用の軽減ではないでしょうか。がん患者のQOL( Quality of Life)を改善させる効果が得られることは、非常に重要なことです。

βグルカンの健康食品は、経口摂取であるため患者自身が自らの意思だけで飲むことができます。しかも、βグルカンの効果は、高品質のβグルカン健康食品であれば注射での投与よりも経口での投与の方が、期待できる効果が高いのも特筆されます。

また、最も心配なのは、抗がん剤との併用による副作用です。近年の抗がん剤治療は、複数の抗がん剤を同時期に併用することで相乗効果が上がることが判り、2,3種の抗がん剤を併用することも増えてきました。しかし、抗がん剤の併用は時には副作用の増大を引き起こしたり、症状を悪化させたりする場合があることも報告が少なくないのです。それだけ抗がん剤は複雑な相関関係の下に投与されているものなのです。

しかし、βグルカンという成分だけであれば、抗がん剤と同時期に併用することには、なんら問題はありません。βグルカンは極めて安定な物質であるため、抗がん剤の成分と化学反応を起こしたり、またそれらを助長したりするような成分ではないからです。このことは、βグルカン健康食品が数十年に渡って使われてきた歴史が証明となっていると言えます。むしろ、βグルカンには抗がん剤の副作用を抑制・低減する効果が期待できるわけですから、抗がん剤投与前から投与中に掛けてこそ積極的にβグルカンを摂取することが推奨されます。

このようにβグルカンは、がん治療における抗がん剤の化学療法に際して、積極的に併用されることで病状が好転する期待値はさらに高まることが期待できるのです。

このβグルカンという成分は、多くの健康食品に含まれる成分となっており、健康雑誌での度々の特集に留まらず、「βグルカン」とネット検索すると数十万件のページと商品が溢れています。これだけβグルカン健康食品が多数市販されているのです。

しかし、βグルカン健康食品を選ぶ場合には、メーカーやモノによってβグルカンの量や質が大きくことなり消費者を混乱させています。質の悪いβグルカンならば摂取しても無駄が多いため、質の良いβグルカンを選んで購入し、摂取することが、がん予防やがん治療に役立つβグルカン健康食品です。
 
| βグルカンの免疫向上効果 | ↑PAGE TOP